iOS12について

日本時間9月18日、AppleiOS12を正式に公開しました。

リリースから一週間が経過しましたが、iPhoneXのユーザーからディスプレイの画質が劣化したなどの声も上がっているようです。

また、アップデート後に「バッテリーが持たない」という声も相次いでいるそうです。
しかし、こちらは、アップデート直後のインデックス再構築や、アプリの自動アップデートによるもので、すぐに収まるそうです。

今回のiOSのアップデートの対応機種は、iOS11と同じで、iPhone5S以降が対応しています。
iOS12では、カメラの起動速度は70%速くなり、アプリの起動は2倍速く、
文字入力のキーボード表示は50%高速になったそうです。
古い機種を使用するユーザーにとっては、今回のアップデートによるパフォーマンス向上は、ある意味救済措置とも言えるのではないでしょうか。

その他にも、スクリーンタイムによる端末使用時間の管理や、通知の設定を即座にできる機能、
Siriとのショートカット連携計測アプリケーションをはじめとしたAR機能の充実化(ARの共有)など、iOS12の新機能は、多岐にわたっています。

 

しかし実際に、アップデートするのは、iOS12のマイナーアップデートの公開を待ってから行うのが推奨されます。
アップデートする際には、iPhoneのバックアップを取る事も忘れないようにしましょう。

新時代のAndroid

SONYはIFA2018にて新モデル「XperiaXZ3」を発表しました。


「人に近づく(Getting Closer to People)」という経営の方向性に基づき、
XZ3だけでなくテレビヘッドフォン、オーディオ等も発表しています。


XZ3の内部スペックは「XZ2」と同じですが、今までの液晶ディスプレイから
有機ELディスプレイに進化しています。

また、OS面でも最新OS「Pie」をいち早く導入しています。


Pieでは今まで以上にAI機能を盛り込んだOSとなっています。
アプリの使われ方からバッテリーを最適化するAdaptive Battery
明るさを調節/学習するAdaptive Brightnessや使用するアプリを提案する
App Actionなど様々な面で便利な機能が実装されています。

特徴的な機能が目白押しな一方で、未実装の機能も多くなり、この先もより便利になっていくことでしょう。

現在のところAndroidとiOSのシェアは日本の場合48.33%対51.66%と非常に僅差となっています。
XperiaXZ3や新OS「Pie」の登場はこの勢力図を塗り変えるかもしれません。

今回のXperia新機種に加え、同じくIFAで新CPU「kirin 980」を発表するHUAWEIなど、Androidの進化は留まることを知りません。
最新の機能のついたスマホを使ってみると想像した以上に便利になること間違いなしです。