Windows Server 2008のサポート終了

日本マイクロソフト社は8月8日、Windows Server 2008のサポート終了
(2020年1月)に向けて、既存ユーザーへのサーバー移行支援を強化
することを発表しました。
https://www.microsoft.com/ja-jp/business/windows/server-end-of-support- discover.aspx

転換期として、来たる2020年1月14日に Windows Server 2008/R2 が、
2019年7月9日にSQL Server 2008/R2 のサポートが終了します。
これに伴い、まだ上記バージョンを利用されている企業向けに、Azure
への移行を推奨しており、移行時には無償セキュリティ更新プログラム
がさらに3年間追加されるサービスがついてきます。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/

2017年の調べでは、世界のクラウドシェア率でAzure(Microsoft)は13%
前後のシェアをもっており、順調にシェアを高めています。

国内だけでも54万台はあるとされるWindows Server 2008が、どれだけ
Azureに移行されるかにより、シェアも変わってくるのではと考えられ
ます。

日本の企業ではまだまだクラウドに移行するのに、セキュリティポリシー
上難しい企業が多いことも事実ですが、これを機にクラウドへ行こうする
企業が増えるのではと期待しています。

今ではAIをはじめビッグデータの解析など、より処理能力が高く
セキュリティ面のリスクの少ないシステムが求められています。
Windows Server 2008のサポート終了を機に、クラウドのシステムを
検討してみるのはいかがでしょうか。