常識を覆すapple最新モデル

前回に引き続きappleの話題です。

Appleは9月22日新モデル「iPhone8」を販売開始しました。

デザイン面ではAppleが「ガラスから生まれたiPhone」と謳っていることからもわかるように全面ガラスでできており、高い耐久性を持っています。

iPhoneをよくヒビが入ったまま利用されている方を見かけますが、そんな人にオススメかもしれません。

またiPhone8はワイヤレスでの充電が可能になっています。

充電器との接続部が接触不良になった経験がありますが、この機能を使えばそんな悩みからは解放されます。

CPUもさらに優秀になっています。今までのA10からA11になることでさらにサクサク動くようになります。

一般ユーザからするとピンとこないのですが、実際に触ってみるとその違いに感動するに違いありません。

現在のSNSの流行にも対応しています。

今回のiPhone8では12MピクセルのイメージセンサーにF値1.8のレンズを持っています。

デュアルカメラを持っている点はiPhone7Plusと変わりませんが、このイメージセンサーがより美しい撮影機能を実現しています。

また、「ポートレート・ライティング」という撮影モードを駆使することでより「フォトジェニック」な画像が撮れるようになりました。

たくさんの機能が追加されたiPhone8ですが、個人的に最も期待が高いものがARです。

「Pokemon Go」を皮切りに一世を風靡したARはその活躍の場を広げています。

前回ご紹介したiOS11では「ARkit」と呼ばれる高度なAR機能を持っています。

このAR機能と前述のカメラ機能を組み合わせることでどこまでの拡張現実が見られるのでしょうか。

 

新しい物好きの私としては一日も早くこの機能を堪能したいところです。

 

ちなみにiPhoneXも11月3日に発売されることが発表されています。

こちらは一目見ただけでも従来のiPhoneとは違うことがわかります。

こちらについても情報が出そろい次第このブログでご紹介したいと思います。

iOS11のリリース!!

AppleはiOS11を9月20日に正式リリースすることを発表しました。

この中でAppStoreは9年ぶりにデザインがリニューアルされます。

初めは使い慣れたUIからの変更に驚くかもしれませんが、
さまざまな機能が追加されるとのことで期待が高まります。

また、友達との音楽共有が可能となるAppleMusic
コミュニケーションのツールとしても使えますし、趣味の幅も広がりますね。

お馴染みの音声アシスタントの「Siri」もディープラーニングを経て、
より発声が自然なものになっています。

別アプリとの連携の幅も広がり、より使いやすくなっています。

MobiControlでは随時新機能に対応していく予定です。

これらの進化に合わせ、iPhone8を同月22日に発売開始します。

iOSとAmdroidのシェアは世界で1:9と大きな差があります。

今回の新OSのリリースで勢力図は変わるのでしょうか?

今後の動向に注目です。