フランス発の端末

最近拡がりが出てきた「NVNO」(仮想移動体通信事業者)。

前回記事では競争原理を働かせるため、透明性を高めていく方向に総務省が主導していくことを書きました。

MVNOとともに、様々な「SIMフリー」な機種も出てきました。

MVNOでは、そのほとんどがDoCoMoの回線を利用していたため、SIMフリー機の恩恵はあまりありませんでしたが、最近はau回線やsoftbank回線を利用する事業者も増えてきているので、魅力が増えています。

国内からもSIMフリー端末がでてきていますが、今回の端末は「フランス発」。

フランスのモバイル端末ベンチャー「Wiko」は日本市場向けに端末を発表しました。

Wiko

「tommy」と名付けられた端末です。

OSはAndroid 6.0(Marshmallow)で5インチ(1280pix × 720pix)ディスプレイの筐体。

クアッド(4)コア1.3GHzのCPUに2GBのメモリーと16GBの内部ストレージ、64GBまでの外部ストレージにも対応しています。

メインカメラは800万画素で、フロントカメラは500万画素。

いわゆるエントリークラスの端末ですが、その分価格も低廉に。

選べるカラフルな筐体が洒落ています。

ヨーロッパでは既に1,000万台の販売台数を出しており、その勢いで日本進出に打って出ました。

最近の端末では珍しく、バッテリーが外せますが、予備バッテリーは今後の発売になりそうです。

端末内のアプリではオリジナルアプリがあまりない様なので、ストレージ初期空き容量と使い勝手が良さそうです。

低廉に価格ながら、洒落た筐体は国内利用だけでなく、海外渡航時に現地SIMを利用する場合にも重宝しそうで、抵抗なく購入できそうな端末です。

色々な端末が出てくるのは楽しみです(Windows 10 Phoneはどうなったのでしょう・・・)。