去りゆくFirefox OS

モバイルの世界ではGoogleの「Android OS」とAppleの「iOS」で圧倒的なシェアをとっています。

その中にあって、Web標準技術のHTML5をベースに完全にオープンなOSとして期待されていたMozilla Foundationの「Firefox OS」でしたが、2015年12月に開発停止の予告をしていました。

そして2016年、Mozillaからバージョン2.6を最後に開発の終了が「公式」に宣言されてしまいましたが、「IoT」向けには開発を継続的に進めていました。

「IoT」向けの流れでは、パナソニック社からFirefox OSを搭載した「スマートテレビ」が発売されてもいました。

しかし、この流れも長くは続かなかった様です。

Firefox OSを開発していた「Mozilla」はIoT向け「Firefox OS」の開発チームに解散を伝えたと記事にでました。

非常に意欲的なプロジェクトでしたが、スマートテレビを含めたIoT関連でも影響を与える事が出来ずに、OS市場から去っていきます。

世の中は「Mobile」から「IoT」へと領域を拡げる中で、第三極となるべく開発された「Firefox OS」でしたが、ことごとく壁に当たってしまったのでしょう。

残念な気がします。

ただ、ブラウザーが残っています(最近、重くなりがちですが・・・)。

ブラウザーの分野で、機敏な動作と快適な閲覧が実現される様望みます。