次は折りたたみ?

フィーチャーフォン(ガラケー)の歴史を振り返ると大きな弁当箱様から始まり、やがて「手に持てる」ストレート端末になり、画面の大型化で折りたたみ式端末へと流行のカタチを変えてきました。

スマホも登場当初はディスプレイサイズが小さいフラット型からディスプレイサイズが大きくなり、大きい方では「タブレット」という分野が登場し、さらにタブレットとスマホを埋めるサイズとして「ファブレット」という分野が登場しました。

現在のフラット型(ストレート端末)から、更なる変化が見られるでしょうか。

韓国/Samsung社は以前から、スマホの「次のカタチ」を考えていました。

2012年、中国市場向けに「W2013」という端末を発表しています。

samsung-sch-w2013

この端末は二つ折りガラケーのカタチを踏襲しながら、前後にディスプレイを配した「デュアルディスプレイ」になっていて、富裕層を狙った端末でした。

以降、中国富裕層向けにシリーズを進化させ「W2014」「W2015」「W2016」「W2017」と毎年端末をリリースしています。

最新の「W2017」はCPUが「Snapdragon 820」で4GBのメモリに64GBのストレージを有し、microSDにも対応しています。

samsung-sm-w2017-720x316

シリーズの特徴となるディスプレイは両面とも4.2インチのフルHD(1920pix × 1080pix)。

この端末も富裕層をターゲットとしており、市井で販売されているハイエンド端末より、更に高額になる模様です。

この「折りたたみ」、これから来そうです。

本当に折りたためるディスプレイは韓国/LG社が開発していますが、これを目当てに「Microsoft」「Google」「Apple」がアプローチしている様です。

ガラケーの折りたたみの様なカタチではなく、タブレットを折り畳んだ様になると考えられます。

ともかく、どんな端末が出て来るか、楽しみに待ちたいと思います。