他にも影響?

何かとざわついているSamsung社ですが、8月に発売された「Galaxy Note 7」は間もなく、爆発という事例を作ってしまい、35件で発火するという同様な事象が発生し、結局は「生産打ち切り」という事態になっています。

ところが、「Galaxy Note 7」だけではなかった様です。

日本でも販売されている「Galaxy S7 edge」でも発火事故があった模様。

ネタ元によると、「Galaxy Note 7」を使っていたユーザーがSamsung社の交換プログラムに基づき、「Galaxy S7 edge」へ交換後、充電中に発火、爆発となったとのこと。

その他、アメリカ/オハイオ州でも「Galaxy S7 edge」の爆発事故があり、ユーザーは重度のやけどを負った様です。

更に、今度は新たに飛行機内での発火騒ぎもありました。

パラオから台湾へ向かう予定の台湾の航空会社中華航空の機内で「Galaxy S6」シリーズが発火、爆発したとのこと。

フィリピン/マニラ付近上空でのことでしたが、幸いに客室乗務員が氷のバケツに入れて冷却、鎮火させたとのことで、大事には至らなかった模様。

飛行機は無事に台湾/桃園国際航空に到着し、けが人はないとのこと。

場合によっては大惨事になりかねない事態だっただけに、客室乗務員の機転が賞賛されます。

「Galaxy Note 7」の発火、爆発の件でSamsung端末がクローズアップされている様で、同社の他端末での事故が相次いで出てきています。

そんなSamsung社は次の端末として来年に「Galaxy S8」のリリースを予定しているとbloombergは伝えています。

デザインやスペックはまだまだ噂レベルのものしか出ていませんが、来年(2017年)2月にスペイン/バルセロナで開催される「MWC 2017」(Mobile World Congress 2017)で発表されることが濃厚です。

何れにせよ、安全な端末であって欲しいと願います。