iOSを強力に管理

2007年のiPhoneの登場と共に、iOS(iPhone OS)もアップデートが重ねられてきました。

iOS自体の作りがセキュアだったため、Android端末に比べ企業での利用が進んでいます。

ただし、企業が望むような端末管理や制限がなかなか出来ない部分もあり、MDMでの利用もロックやWipeといったごく当たり前の機能のみが多かった様です。

しかし、iOSのアップデートが進むにつれ、利用可能となるMDM APIsも多様になってきました。

今では、かなりの制限もできる様になり、企業利用でも十分な対応が可能となっています。

そんな機能の一つに「アプリ制限」があります(要監視モード)。

今までのMobiControlではごく限られたアプリのみの利用制限に留まっていましたが、「iOS 10」になり大幅なアプリ制限機能を提供出来ました。

この機能を利用すれば、「端末管理者が許可したアプリのみを利用させる」ことが可能になります。

また、VPP(Volume Purchase Program)のデバイスベースの配布にも対応しているので、アプリの利用制限とアプリの自由な配布が同時に可能となります。

つまり、アプリ利用制限中でも、アプリのサイレントインストールが可能です!

「MobiControl」ではリリースされた「iOS 10.1」と「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」にも対応し、『余計なアプリを利用させたくない』という要望にも応えられる機能を持っています。

MobiControlでの『アプリの利用制限』については

support@pol-japan.co.jp

までお問い合わせ下さい。