大変な事に

使い勝手のいい大きさで人気となっている「Galaxy Note」ですが、最新機種は「Galaxy Note 7」(「Note」としては6番目の製品ですが)です。

Galaxy_Note_7

チップセットには2.3GHzのクアッドコアと1.6GHzのクアッドコア構成のオクタコアでRAM容量は4GBでストレージ容量は64GB、microSDにも対応。

OSは「6.0.1」(Marshmallow)、5.7インチQHD(3840pix × 2160pix)のディスプレイ、メインカメラは1200万画素ですが、「F1.7」と非常に明るいレンズが搭載されています。

バッテリー容量も3500mAhあるので、スタミナも十分。

8月2日にグローバルで発売され、日本市場でも8月内の発売かと思われましたが、雲行きが・・・。

発売されたばかりの端末ですが、バッテリーに問題があった様で、端末が爆発してしまう事例が色々と出てきました。

開発元のSamsungでは品質テストを実施するためとして、出荷を遅らせるとのこと。

また、既に販売された端末に対しては「リコール」の対象となる模様で、その台数は既に「40万台」に上るとのことです。

モバイル端末では内蔵バッテリーが膨張するなど、時々バッテリーの問題が出てきており、扱いは難しそうです。

今回の問題も、今後詳細が明らかになるかと思いますが、メンテナンスも含め、注意したいものです。