Appleにも多大な恩恵が

7月22日にやっと日本でもサービスインした「Pokémon GO」ですが、至る所でトレーナーばかりな現象を記事にしました。

世界的に見ても同じような状況らしく、SOTIオーストラリアから届いた情報でも街中にトレーナーが溢れている様です。

現在はAndroid/iOSの2つのプラットフォームに対応していますが、世界的なブームを受け、Appleも「Pokémon GO」による収入増加が30億ドル(約3200億円)にも上るとの予測も出てきました。

また、iOS端末でのポケモン関連売り上げのうち、30%がAppleの取り分となるので、更なる増加もあり得るとのこと。

この予測を裏付ける様に、「Pokémon GO」のApp Storeでの公開後、4日で無料アプリの第1位を獲得し、1週間のダウンロード数で今までの記録を塗り替えたとのこと。

Appleにとってはここ1~2年ハッピーな状況になりそうです。

ところが、本来の端末販売では雲行きが少し怪しくなってきました。

お膝元のアメリカや巨大市場に成長している中国でシェアの下落が続いているとのこと。

日本でも、永らく圧倒的なシェアを有していましたが、Androidの豊富な端末群に押されてか、少しずつシェアを落としていました。

それでも半数以上はiOS端末で、街のアチラコチラでiOS端末を利用しているユーザーを多く見かけます。

OS_Share

しかし、5月には半数を割り、シェア「40.6%」との報告が出てきました。

「Pokémon GO」により多額の収益が転がり込む中、他方で端末販売の伸び悩みが発生している状況は今後どの様な戦略を立ててくるか、注目していきたいと思います。

増えるSNSユーザー

米国の市場調査会社のeマーケターが先日公表した指針リポートによると、Twitterの世界利用者数は今年2億8630万人となり、昨年の10.9%増の成長になるそうです。

これは「月間アクティブユーザー数(MAU)」であり、2030年までには更に8000万人ほど増加する見通しです。

ちなみに昨日の記事にも書いた「ポケモンGO」はTwitterの日間ユーザー数を抜き、滞在時間ではFacebookを超える勢いだとか。

サービス開始から間もないですが、すでに爆発的な人気を得ているようです。

少し話がそれましたが…最近のSNSはFacebookやInstagramなど、Twitterにとって強敵が数多く存在します。

Facebookが有する「Facebook Messenger」は今月ユーザーが10 億人を突破したことを発表しており、Instagramは日本の10代~20代の女性の3人に1人は利用しているとの調査結果が出ています。

 

ユーザー数の上昇が予測されているTwitterですが、ライバルに負けずに予測通り利用者を伸ばすことができるのでしょうか。

 

140秒までの動画投稿も可能になり、VR業界参入も予定しているTwitter。今後の動向に注目です。

街中トレーナーだらけ

日本でのリリースが7月20日に行われると噂されたもの、結局リリースされずに「残念感」が漂った「Pokémon GO」ですが、何と7月22日にリリースとなりました。

Screenshot_20160725-175723

海外での先行サービスインに待ち遠しさを持っていたのか、そこかしこにトレーナーがいます。

ただ、様々な場所で利用できるため、出雲大社ではポケモンGOが禁止になったり、名古屋の舞鶴公園がポケモンの「聖地」になっちゃったり、と色々なことになっています。

中にはモンスターボールを投げやすくするためのスマホケースや「Pokémon GO」利用時のデータ通信料を無料にするサービスの登場も。

学校が夏休みに入った今、子供たちも一層楽しんでいることでしょう。

日本でサービスインされたものの、一部のシャープ製スマホではアプリのダウンロードができずにちょっとした騒ぎにもなった様です。

現在は終息に向かている様ですが、まだ全ての解消とはなっていない様です。

「Pokémon GO」アプリはiOS/Android向けに提供されていますが、「第三のOS」である「Windows 10 Mobile」向けには提供されていません。

wp_ss_20160725_0001

ガイドアプリと怪し気なアプリはあるのですが・・・。

この状況に業を煮やしたWindowsユーザーは「Windows 10 Mobile」に対応してもらうべく、オンライン署名プラットフォームで署名活動を始めました。

目標署名数は「75,000」のところ、現時点で「約92,000」集まっています。

集まった署名はNintendo/The Pokemon Company/Niantic, Inc.へ届けられる様です。

「Windows 10」プラットフォーム向けにもサービスインされるでしょうか。

iOS 9.3.3のリリース

「iOS 9.3.2」は5月17日にリリースされましたが、iPad Pro 9.7インチモデルで不具合が発生したため、6月3日に改めて修正版「iOS 9.3.2」として再リリースとなりました。

そして、7月19日。

最新版iOSとして「iOS 9.3.3」がリリースされました。

iOS9_3_3

このバージョンでは新しい機能はなく、バグ修正とパフォーマンスの向上がメインとなっています。

このバージョン以前のバージョンでは「iMassage」に関する脆弱性が存在するため、アップデートが推奨されています。

この脆弱性はiMassageを介して送付されたファイルから、ストレージやパスワードを保存している領域へのアクセスが可能なコードを実行できてしまう、というものです。

iOSのアップデートにより、防止が可能となっています。

その他の修正項目として、
・特殊な予定への出席依頼を受信した際に強制再起動する問題
・終了したはずのFaceTime通話で音声を継続して取得できる問題
・Safariで表示しているページのURLを偽装できる問題
・Siriを使い、ロックを解除することなくiPhoneの連絡先が閲覧できる問題
などがあります

アップデートが推奨されているバージョンですが、「iOS 9.3.2」の場合がある様に、予め情報収集を進めた上で、アップデートされることをお勧めします。

残念

アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドから提供された「Pokémon GO」ですが、提供開始から様々な国に拡がっています。

しかし、何故か出身国である日本で提供されていませんでした。

日本向けには、十分なサーバーを構築できていないとしてサービス提供が遅れている状況でした。

しかし昨日(7/19)、7月20日に日本で展開されるらしいよとの報道があったため、浮ついた状況にもなっています。

またまた、しかし・・・。

明けて7月20日になっても状況は変わっていませんでした・・・。

ポケモンサイトでは「2016年サービス開始予定!」との文字のまま。

実はサービス開始予定は本当の様でしたが、リークがあったために、リスク回避により延期になった模様。

開発元CEOの話しでは「7月末までに提供したい」と発言があった様なので、もうしばらく待つことになりそうです。

最終的には世界200ヶ国(あれ?そんなにあるかな・・・)で提供されるとのことなので、地球規模で旋風が巻き起こりそうです。

「Pokémon GO」については、もう少し追っていきたいと思います。

いろんな事になっています

ウェアラブルな世界(かな?)では、「VR」(Virtual Reality)元年といっていい具合に様々なメーカーからVRデバイスが登場し、素晴らしい世界を提供してくれています。

サムスン社はオキュラス社と共同開発した「Gear VR」を出し、Galaxy端末とのジョイントにより、手頃な価格でVR体験ができます。

共同開発したオキュラス社は自身のデバイスとして「Oculus Rift」を展開し、専用のコントローラーと併せて、バーチャルな世界に「触る」体験を提供しています。

手軽な価格では、グーグル社が「Google Cardboard」を出していて、「ダンボール」製の筐体は様々なスマホに対応し、VRの間口を拡げた製品になっています。

スマホメーカーではHTC社が「HTC Vive」を出していて、専用コントローラーとスピーカーシステムにより、圧倒的なバーチャル感が堪能できます。

日本メーカーも負けていません。

ソニー社は「PlayStation VR」を登場させ、PlayStationのゲーム世界をバーチャルで存分に楽しむことができます。

また、元ソニー社にいた社長が送り出す、FOVE社の「FOVE」は「SteamVR」方式に対応し、コンテンツの増大が期待されます。

とここまでは「VR」ですが、片や似たような仕組みに「AR」(Augmented Reality)があります。

「AR」は「拡張現実」と呼ばれ、現実環境にデバイスを用いて情報付加を与える、というもの。

最近では様々な取り組みが行われており、例えば観光地に於ける名所でのARによる観光(名所)案内が該当します。

そんな「AR」世界が凄いことになっている様です。

任天堂とアメリカ/Niantic社は世界中で人気となっているポケットモンスター(ポケモン)をAR世界に取り入れた「Pokémon GO」を登場させました。

どういうわけか肝心な日本ではスタートが遅れていますが、北米/ヨーロッパでは大変な事になっている様です。

AR「Pokémon GO」は「位置情報」を元に様々な場所でポケモンの世界を楽しむことができるため、意外(というか遠慮した方が・・・)な場所で利用されてしまっている様で関係者は苦慮している様です。

間もなく日本でも利用できる様になるかと思いますが、先行利用できている国々の状況と情報を取り入れつつ、配慮した利用を心掛けたいものです。

この話題、しばらく続きそうです。

車にも

AppleはiPhoneにある音楽、動画、地図、メッセージなどを「Siri」や車載コントローラー経由で操作できる「Apple CarPlay」を提供しています。

この「CarPlay」によって、今までのカーナビがモバイル端末と結合することになり、様々な情報が活用できて、より「便利」なものになります。

もちろん、日本でもサービスが開始されています。

片やライバルとなるGoogleも同じ様な仕組みの「Android Auto」を提供しています。

ただし、「Android Auto」の日本での展開はまだ「でした」。

しかし、やっと日本での開始アナウンスがありました。

「Android Auto」を利用できる端末はOS「5.0」(Lollipop)以降を搭載したもので、Android Autoに対応したパナソニック/CN-F1Dや日産/MM516D-Lなどの機器が必要。

対応自動車メーカーでは「ホンダ」、「アウディ」、「フォルクスワーゲン」、「マセラティ」などが挙がっています。

今後、順次対応機器と自動車メーカーが増えると予想されますが、先ずはどんな感じで活用されるのでしょうか。

始まったばかりの「Android Auto」、注目していきたいと思います。

ドローンの利用法

最近なにかと話題になるドローンですが、私たちの生活に役立つ利用法が続々と生み出されています。

メジャーな利用法としては「巡回警備」ですね。

セコムは今年9月から夜間の工場やショッピングモールなど、従業員のいない時間帯にドローンが定期的に巡回する警備サービスを始めると発表しています。

巡回しながら施設を撮影し、そのデータを解析して侵入の痕跡や不審物の有無を判定するそうです。

一定の場所しか撮影できない監視カメラよりも、効率よく警備できそうですね。

drone

 

 

 

 

 

 

 

また、農業では「稲作管理」にも利用されてます。

JA越前たけふは、来年度から稲作管理のためのドローン導入準備を進めています。

ドローンで撮影した画像を基にイネの生育状況をデータ化し、生育の遅れや肥料散布のばらつきなどを判断することで、イネを効率的に管理することが可能になるとのこと。

大規模な農地でも、品質の向上や安定的な収穫が期待できるようになるとのことで、「儲かる農業」も夢ではないようです。

 

さらに、「気象観測」にも役立っています。

気象観測機器を販売するタイプエスは、上空の気象情報を観測するドローンを開発し、10月に発売する予定です。

このドローンは風速や温度などの5つの観測した気象情報を地上に送信できるため、リアルタイムで監視や記録が可能になります。

ロケットの打ち上げ前や風力発電施設建設前の事前調査などに活用できるということで、期待されているようです。

 

その他、救命活動や配達、害虫駆除など、様々な用途で利用されているドローン。

国内における業務用ドローンの市場規模は2015年時点で38億円ですが、2020年には634億円、2024年には2271億円まで成長する
見込みです。

 
これから先、さらに活躍の場・サービスの幅を広げることは間違いないですね。

第三のウェアラブル

Google社はAndroidスマホに於ける「Nexus」シリーズの様に、リファレンスモデルとして「Android Wear」搭載のスマートウォッチを年内も出そうとしている様です。

今一な盛り上がりとなっている「スマートウォッチ」環境ですが、牽引役の「Apple Watch」と共に市場の盛り上がりを演出してくれるでしょうか。

スマートフォン/タブレットの世界では「Android」「iOS」という2強のOSがあまりにも強く「第三のOS」がなかなか育っていない状況が続いています。

その中に割って入ろうとしているのが「Windows」OSですが、「Windows 10 Mobile」端末を出してみたものの、今一つの状況です。

そして、スマートウォッチ。

ここでも「Apple」と「Google」がトップ争いをしています。

市場の盛り上がりはまだまだなので、他の陣営にもチャンスがありそうです。

期待したいメーカーが「Pebble」です。

2012年にクラウドファウンディングにて資金集めを行い、スタートアップした「Pebble」ですが、2015年には後継機開発資金をクラウドファウンディングで集め、それまでの最高出資額(約2030万ドル)を得ました。

最高出資額を得た「Pebble Time」に後継機が出る様です。

「Pebble Time 2」として発売を考えている様で、今回もクラウドファウンディングで出資を募集しています。

既に目標額の「5倍」を集めている様で、トップランナーに躍り出るかもしれません。

今まで出ていた製品の評判は上々のようなので、これから出てくる「Pebble Time 2」も非常に楽しみです。

注目しながら、発売を待ちたいと思います。

Googleからの新しいデバイスの予感

「Google」という検索サイトからスタートし、メールサービス、オフィススイート、SNSなど様々なサービスを展開してきた「Google」(Alphabet)社ですが、サービスだけに留まらず物理的な製品も多く出しています。

今やすっかり身近となったスマートフォンやタブレットのOSである「Android」を生み出すと共に、筐体も企画、設計して「Nexus」シリーズを出しています。

前回、より多くの人に低廉な価格で端末が提供できる様に「Android One」というプロジェクトを立ち上げ、日本でもシャープ社から「Android One」端末が発売される事を記事にしました。

「Android端末」という括りでは、「Project Ara」というプロジェクトを立ち上げ、自由な「モジュール」の組み合わせで筐体(スマホ)を完成させることを目指す、という製品作りにも取り組んでいます。

ウェアラブルの分野では2014年に「Android Wear」というOSを出して、スマートウォッチの販売拡大を後押ししています。

その「Android Wear」端末をGoogle自ら出そうとしている様です。

Google社は現在、「Nexus」シリーズの一部となるスマートウォッチを2種類開発している様です。

1つのコードネームは「Angelfish」で、LTE通信機能やGPSを搭載し、スポーティーなモデルとのこと。

片や「Sailfish」のコードネームを持つ製品はLTE通信機能やGPS機能を省いた低価格モデルになるそう。

「Android Wear」端末は多く出ていますが、今一つの状況なので、Googleが出す端末が呼び水となって、盛り上がりが出てくるでしょうか。

楽しみに発表を待ちたいと思います。

発表されたら、またお知らせします。