Chromeが首位に…

米調査会社ネット・アプリケーションズは、PC用のインターネット閲覧ソフト(ブラウザー)市場で、米Googleの「Chrome」が先月初めて首位になったと発表しました。

これまでは米Microsoftの「Internet Explorer(IE)」が1990年代末から常に首位を獲得してきましたが、ついに逆転されてしまいました。

 
具体的な4月の世界シェアはChromeが41.66%でIEが41.35%だそうです。(新型ブラウザーの「Edge」はIEとしてカウントされています。)

browser_share

 

Chromeは2008年に登場し、今ではandroidのスマートフォンやタブレットの多くに標準搭載されています。

お気に入りや拡張機能などが自動的に同期される使い勝手の良さが支持されたことにより、着実にシェアを拡大させてきました。

たしかに、この数年でモバイル・PCの両方でChromeを利用する人が多くなりましたね。

まだまだ勢いは止まりそうにありませんが、2012年に別の調査会社が「ChromeがIEを超えた!」と発表した際は「利用動向を正確に反映していない」と反論したMicrosoft。

「Windows 10」に新ブラウザ「Edge」を搭載して巻き返しを図っている最中ではありますが、獲得した41.35%のシェアのうちEdgeユーザーが占めたのは4.39%分に過ぎないという結果も出ているので、なかなか苦しい展開のようです。

この結果を受けて、どのような反応をするのか…気になるところです。