Safariの不具合

前回の記事のまさに当日、iOS端末の標準ブラウザのSafariで不具合が発生しました。

例えば、iPhoneでSafariのアドレスバーをタップするとSafariが落ちてしまうというものです。

機種やOSに依存せず発生する様なので、厄介です。

この不具合は検索候補が有効になっていると発生する様で、キャッシュデータ処理のバグが起因の様子です。

問題の回避はSafariの「検索候補」(または「Spotlightの検索候補」)を「オフ」にするか、「履歴データ」を「削除」で、これにより発生しなくなります。

この事象に対し、Apple社は修正を行った様で、現在は発生が収まった模様です。

前回では、ある特定のサイトに関するJavaScriptの仕業でしたが、偶然にもSafariで違う原因の不具合が発生してビックリしました。

Apple社からの不具合だとすると、防ぎようがないので何とも大変です。