Windows 10の動き

アメリカ/マイクロソフトはWindows 10のリリースを2015年の「夏頃」を目処に、としていましたが、アメリカ/AMDのCEO/リサ・スーさんがうっかり「7月末」と漏らしてしまいました。

マイクロソフトからの正式なアナウンスはありませんが、濃い線となりそうです。

今からリリースが楽しみなWindows 10ですが、モバイル(Windows Phone)向けも共通のOSになります。

マーケットにあるアプリが少ないのを気にしてか、アンドロイド向けアプリも利用可能になりそうだ、との報道もありました。

記事によると、アンドロイド端末にインストールされる「apk」ファイルがそのまま取り込められる様に感じますが、どうやらマイクロソフトは「SDK」を提供して「簡単に」移植が可能になる様にしていくつもりです。

この対象にはiOS端末向けアプリも含まれ、Android/iOSの膨大なアプリ資産がWindows Phoneで手軽に利用できる様になるかもしれません。

また、Windows PhoneをデスクトップPCに接続することで、PC上で利用可能とする「Continuum」も発表しました。

Microsoft_Continuum
Photo by TechCrunch
その昔、「Ubuntu」も同じコンセプトを持っていましたが、頓挫しました。

Windows 10の場合はどうでしょうか。

実装となれば、面白い機能になるかもしれません。

ところで、Windows(マイクロソフト)のブラウザーといえば、「IE」(Internet Explorer)ですが、決別して「Project Spartan」を立ち上げていました。

このほど、固まった様で「Microsoft Edge」として発表されました。

Microsoft_Edge
Photo by Gigazine
この「Microsoft Edge」はマイクロソフトの音声技術「Cortana」が統合され、Windows Phoneにも標準搭載となりそうです。

「Windows 10」については、あと3ヶ月もすればリリースかと思うと楽しみですが、今後のWindows Phoneの登場も併せて注目を続けていきます。

因みに、「MobiControl」は「Windows Phone 8.1」に対応したMDMですので、今後リリースされる「Windows 10」と「Windows Phone」についても、素早い対応を進めています。