Windowsのこれから

米マイクロソフトは現地時間の2015年1月21日にワシントン州レイモンドにある本社にて「Windows 10: The Next Chapter」を開催し、次期OSとなる「Windows 10」について、詳細を説明しました。

Windows_10
「Windows 10」はPC、タブレット、モバイルの各プラットフォームに共通したOSとなります。

それだけでなく、ノートPCモードとタブレットモードを持ち合わせているデバイスに対して「Continuum Mode」を提供し、各モードに最適なUIへ切り替わる仕組みも提供しています。

以前のWindows Phone絡みの記事で、Windowsのバージョンナンバーが「8.1」から「9」を飛ばして「10」になる様だとしていましたが、そのまま発表されています。

また、マイクロソフトはWindows OSを含めたプラットフォーム向けサービスとして「Windows as a Service」を展開するとしています。

これにより、「Windows 7」「Windows 8.1」「Windows Phone 8.1」を利用している端末/機器は無償で「Windows 10」へのアップデートが1年間に限り、保証されます。

「無償アップデート」。
嬉しい限りです。

なお、「Windows as a Service」のサービス展開により、「デバイスの寿命までアップデートが提供され続ける」との事。

機能的には、iOSのSiriと同様に音声によるアシストを行う「Cortana」を標準装備します。

この機能により、PC/タブレット/スマホと連携が可能となり、他の端末/機器で行っていた作業をシームレスに継続することが可能となります。

ブラウザー機能では、今までの「Internet Explorer」から変更となり、「Spartan」というものになります。

こちらもプラットフォーム共通となり、それぞれのプラットフォームに合わせたレンダリングと「Cortana」との統合により、調べたいことが強力にサポートされます。

更に、Xboxアプリも標準搭載されるため、「XBox One」との連携が強化されます。

これらより、別の端末や場所で遊んでいたXBox OneのゲームをPC/タブレット/スマホの各プラットフォームで、引き継いでプレイすることが可能となります。

「Windows 10 Technical Preview」は既にダウンロード可能となっていますが、「Cortana」が日本語環境で無効化されていたり、まだちょっと早いかなと思いますが、製品版を楽しみに今後も注目したいと思います。