バッテリーについてのあれこれ

フューチャーフォン(いわゆるガラケーですね)がストレート端末からディスプレイサイズを大きくしていって折り畳み端末になった様に、スマートフォンも出始めの頃からすると今では大きなディスプレイと筐体になっています。

ディスプレイサイズの拡大とともに、CPUなどの性能も向上したこともあり、格納されるバッテリー容量も増加してきました。

今お使いの端末はバッテリーが長持ちしていると感じていますか。

モバイルデバイスに使用されるバッテリーのほとんどは「リチウムイオン二次電池」です。
「二次電池」とは繰り返し充電のできる電池のことで、正極と負極間で電解質中のリチウムイオンが移動することにより発充電が行われます。
これまでの「ニカド電池」や「ニッケル水素電池」に比べ小型軽量で、かつ高容量となるため現在ではモバイルデバイスへのバッテリーとして主流になっています。

ただ、利用法によっては発火や爆発する危険性があり、取り扱いに注意が必要な電池になります。
効率のよい電池なので航空機の補助電源として利用されたりしていますが、リチウムイオン電池が原因のインシデントもありました。

この様な事が起こるため、通常は幾重にも安全対策が施されていますので、安全に利用できます。

ところで、バッテリー寿命を長持ちさせるためのTIPSを。
リチウムイオン電池は小型軽量で、かつ高容量のほか、自己放電(何もしなくても自然に放電してしまうこと)が少ない、メモリー効果(浅い放充電を繰り返すことで、満充電容量が減ってしまう現象)がほぼない事も特徴となっています。

この様にいいコトづくめのリチウムイオン電池ですが、温度による「劣化」、「機能低下」は避けられません。
特に、高温時には劣化スビードが早くなります(他の危険性も高まりますが)。

充電しながら、端末を使用していませんか。

充電中、電池温度は上昇しますので、満充電状態の電池を放置したり(実際は細かな放充電の繰り返しをしています)、充電しながらの使用は高い温度で電池をさらす事になるので、その分劣化を早めます(高い温度の環境下での保管も同様です)。

ですので、充電中の使用中止や充電が完了したら速やかに充電器から外した方が宜しい様です。

モバイルデバイスの使用時間を少しでも増やしたい場合は・・・。
・ディスプレイ照度を調整する(「オート」の場合は環境に合わせ、低めの設定にする)。
・ディスプレイ点灯時間を短くする(無操作時の画面ロックする時間を短くします)。
・不必要な通信は切断する(BluetoothやWi-Fiなど)。
・画面タッチ時のアクションを止める(バイブや音)。
など

その他、モバイルデバイスの使用時間を短くしてしまう原因の一つに、「セルスタンバイ」の問題もある様です。

最近はMVNO(仮想移動体通信会社)の提供するデータプランを利用する機会も多くなってきていますが、これらのデータプランでは音声通信を行わないので、端末は音声通信のチャンネルを確保しようと電波を探し続けてしまうことがあります。

この間の電池消費量が非常に多くなってしまう問題が「セルスタンバイの問題」です。

この対策のため、MVNOはSMS機能付きのデータプランを登場させて、この「セルスタンバイ問題」回避の回答としています。

なお、MobiControlはモバイルデバイスのバッテリーステータスが取得できるので、稼働中の端末状況が分かり、端末管理者からの早めの    対応が促せます。