端末画面リモート表示など

Just another POL Helpサイト site

「リモート表示」を利用すると、下記のことが実行できます。
  1. 端末の画面をコンソール画面に表示できます。端末ユーザの操作で変る端末画面に反応して、コンソールの画面も変ります。 端末で次のアプリを起動した場合に、表示されます。
    • SOTI社が提供するSDK for iOS(無料)をアドオンしたアプリ
    • MobiControlエージェント
  2. iOS端末内のフォルダ構成をWindows Explorer感覚で開き、 コンソールコンピュータとの間でファイルをコピー&貼り付けができます。ファイルの削除もできます。
    但し、端末内の開くことができるフォルダは、端末画面に表示されているアプリに関連するフォルダに限定されます。
  3. 端末とコンソールとの間でチャット
端末ユーザは、画面を見せながら、コンソール管理者に操作方法について問い合わせができます。
リモート端末のアプリの不具合を、より早く、調査および解決ができます。

(図1)


iOS端末のリモート表示設定を事前に実行しておく必要があります。

リモート表示の際は、端末ユーザによりMobicontrolアイコンをタップして貰い、端末をMobiControlサーバに接続しておいて貰う必要があります。
  1. 上辺バーの「iOS」タブを選択
  2. 下辺の「端末」タブを選択
  3. 対象となる「端末」を右クリック
  4. 現れるプルダウンメニューの中の「リモート表示」
    または「リモートビュー(HTML5)」を選択


使っているコンソールPCで、最初に「リモート表示」または「リモートビュー(HTML5)」を選択したときに限り、 ブラウザのプラグインのインストールが必要で、(図2)のポップアップが現れます。

(図2)

「OK」ボタンを押します。(図3)のプロンプトが表示されます。

(図3)

  • 「ファイルを保存」を選択します。
  • コンソールパソコンのダウンロード先フォルダで、SotiRemoteControlInstaller.msi を開き、インストールします。
  • ブラウザを再起動します。
  • 図1の、プルダウンメニューの「リモート操作」または「リモートビュー(HTML5)を再度選択します。

しばらく待つと、(図4)のWindowが起動します。(MobiControlコンソールとは別のWindowsです。)

リモート表示のWindow

(HTML5でのリモートビューでない場合)

(図4)


ツールバー


(図4)の左上に、ツールバーが表示されています。
端末画像の縮小。
メニューの「表示」
からでも可能
端末画像の拡大
メニューの「表示」
からでも可能
端末画像の回転端末画像の色品質。
通信回線が遅い時は
低品質へ
端末画像をキャプチャ。
画像をコンソール
コンピュータに保存
端末画像を
クリップボードへ
端末画像を印刷端末画像の変化を
ビデオ録画
ビデオ録画の中止 ビデオ録画の終了

エクスプロラ・ツール

  • 左側ペイン(1)は、コンソールPCのフォルダ構造を表示したエクスプロラ風の画面です。
  • モバイル端末もコンンソールPCの外付けデバイスとして表示されます。(1)の矢印部分をクリックすると、その内部が、(2)のペインに表示されます。(2)の赤枠。
  • (1)と(2)の間でファイルの移動(コピーや貼り付け)ができます。ファイルの削除もできます。

システム情報

右側(4)のペインには、端末のハードウェア・ステータス情報が表示されます。
ディスプレイやメモリに関する情報です。
をクリックすると、より詳しい情報が表示されます。
「ディスプレイ」の情報以外には、コンソールの常時画面の「情報パネル」にも表示されています。

チャット

(図5)

リモート表示の状態になると、端末のMobiControlメイン画面に「リモートチャット」の項目が表示されます。(図5)の赤枠を参照。
これをタップすると、コンソール画面との間で、チャットができます。

コンソール側では、(図4)の右側(4)のペインの矢印をクリックすると、(図6)のようなチャットの画面に変ります。

(図6)


(図6)の右側がコンソールでのチャント画面。左側が端末でのチャット画面。コンソールは端末の画面がリモート表示されている。

リモート表示のWindow

(HTML5でのリモートビューの場合)

(図7)


  • 左側ペインが、iOS内のフォルダ。Exploreの感覚でフォルダを開けて、構成ファイルを確認できます。
  • 真ん中のペインが、リモートの端末画面です。
  • 右側のペインが端末情報です。ディスプレイの画素数、メモリーの空き容量、HDDの空き容量などが表示されます。
  • 上部に操作メニューアイコンが表示されています。
    • 上部のScreenShotをクリックすると、端末画面の静止画を取得できます。
    • Zoomを押すと、端末画面の拡大または縮小ができます。
    • Color Qualityを押すと、色品質を落とせます。32bit 16bit 8bit 4bit 2bitの中から選べます。 電波状態が悪く、端末の画面変化にコンソール側が速やかに追随しないときは、色品質を落とします。
    • File Viewerは、左側ペインの開閉に使います。
    • Device Informationは、右側ペインの開閉に使います。