監視モード

MobiControlなら、端末購入時からiOS端末に「監視モード」の設定が可能です。

監視モードとは…?

iOS端末をより強力にMDM管理下に置くことができる機能を監視モード(スーパーバイズドモード)といいます。端末を監視モード(スーパーバイズドモード)にするためにはAppleのApple Configuratorを利用し設定しなければならず、設定時に端末は初期化されます。
なお、Apple ConfiguratorはMac PCのみの動作となります(Win PCでは動きません)。
監視モード(スーパーバイズドモード)となった端末はMobiControlから強力な制御が可能となり、業務活動で利用される端末の管理が飛躍的に効率化され、端末利用による業務効率が向上します。

※監視モード(スーパーバイズドモード)にする以外のApple Configuratorの機能はMobiControlから実行できます。

Macマシンを必要としません

MobiControlは「DEP」に登録されている端末に対し、「自動的」な「監視モード」設定が可能となるので、 「Apple Configurator」を利用しません。
従って、Macマシンは必要ありません。普段ご利用のブラウザーを利用して、MobiControlから登録(設定)情報を端末に識別させるだけで、「監視モード」の実行と各種設定が反映されます。

1台1台つなげる必要がありません

MobiControlは「DEP」に登録されている端末に対し、「ワイヤレス」で各種設定が可能となるので、対象端末を機器に1台1台つなげる必要がありません。
登録情報をワイヤレスで受け取った端末は自発的に設定と管理サーバーへの登録を実行します。端末管理者は予めの設定を済ませていれば、実行後の端末登録状況をモニタリングするのみです。

「ワイヤレス」で「自動実行」

MobiControlは端末を回収せず、「ワイヤレス」(OTA、Over The Air)で「監視モード」への移行が可能です。くわえて、予めMDMの設定を行っていれば、登録時にすぐにMDM設定が端末に反映されます。
MDM統制の肝でもある「MDMプロファイル」を削除させない設定も可能ですので、不用意に管理から外れる心配がありません。

監視モードで制御可能な機能

アプリのサイレントインストール
Webフィルタリング機能
監視モード時の端末機能制限
AppleID、Exchangeアカウントの変更禁止
シングルアプリモード
AirPlayの制御
AirPrintの設定