リモートビュー

「リモートビュー」機能で、
遠隔地でもiOS端末の画面を確認しながらのサポートが可能です。

MobiControlは「無償」でSDKを提供しており、これを自社開発したアプリに組み込んで頂くことにより、アプリ利用時に「リモートビュー」機能が有効となります。
この機能を利用すれば、端末をセキュアに保ったまま運用で出てくる課題を「遠隔」から迅速に解決できます。

管理者がいつでもアプリ利用状況を把握可能に!!

MobiControl SDKが組み込まれたアプリを利用している限りは「リモートビュー」機能が有効になります。
したがって、業務時間中にアプリを立ち上げていれば、いつでも「リモートビュー」でアプリの利用状況の把握が可能です。

遠隔でのスムーズなサポートが可能に!!

例えば自社開発の業務アプリに不具合が発生した場合、端末利用者とサポート担当者が電話でやりとりをすると情報が不足がちでサポート時間が長くなる傾向にあります。
MobiControlの「リモートビュー」機能を利用すれば、業務アプリに「どう不具合が発生しているのか」が直接分かるので、サポート担当者の状況把握と解決へのプロセスが格段に効率化されます。

遠隔からもファイルの閲覧やコピーが可能に!!

「リモートビュー」機能を利用すれば、一定間隔で自社アプリ内の対象のログを収集するだけでなく、任意のタイミングでいつでも必要なファイルを参照することができます。
また、MobiControl SDKが組み込まれた自社開発の業務アプリでは、リモートビューを行う管理者PCへのファイルのコピーやiOS端末への修正したファイルの送付も実現できます。