機能一覧

MobiControlの主要機能をご紹介します。本ページに記載している機能は、全てオプション料金なしでご利用いただけます。

専用端末化(ランチャー)

専用端末化(ランチャー)

多機能になったスマートフォンは多くの業務に利用されるようになりましたが、必ずしも全ての方がスムーズに操作出来るとは限りません。 MobiControlは専用の起動画面(ランチャー機能)によって、利用する機能(メニュー)の単純化を実現します。この機能により端末の誤操作も防ぐことができ、端末利用の稼働率も向上します。

リモートコントロール

リモートコントロール

利用している端末のアプリに不具合があった場合、現場まで技術者が出向いて端末のチェックをする手間があったり、サポートへの連絡があっても要領を得ないことがありました。MobiControlなら、遠隔地にある端末も管理画面に呼びだし、利用端末の状況がリアルタイムで把握できるのでアプリの修正を一緒に行ってすぐに業務に復帰させることが可能になり、ダウンタイムの低減に寄与します。

iOSをご利用の場合は「リモートビュー機能」になります。この機能の詳細は下のボタンから別ページへ進み、ご確認ください。

セキュリティ

ウィルス対策

スマートフォンの普及につれ、マルウェアやウィルスなどの脅威に晒される状況が増えています。企業で運用されるPCと同等のセキュリティ対策が要望される中、MobiControlはマルウェア/ウィルス対策機能を標準で実装しているので、スマートフォンを安全に運用することが可能です。

Webフィルタリング

業務上の様々なシーンで、スマートフォンを使ったウェブサイトの閲覧を行う機会は増えていますが、Webの世界はセキュアなサイトばかりとは限りません。MobiControlはWebフィルタリング機能を標準で実装しているので、安全にウェブサイトの閲覧が出来ます。

リモートロック、リモートワイプ

端末の紛失や盗難対策として、予めパスワードを複雑化することが肝心ですが、イザとなった場合に速やかに対処することも必要です。MobiControlは紛失や盗難といった、イザという時にリモートでのロックやワイプを直ぐに実行出来ます。

自動ロック(無接続端末への対応)

登録されている端末が長期間管理サーバーと接続がない場合、端末が紛失、または盗難にあっているかもしれません。このようなリスクを未然に防ぐため、管理サーバーへ一定期間の接続がない端末に対し、MobiControlはロックやワイプなどのスクリプトを実行することが出来ます。

BYOD対策

端末利用者へ「MDM導入への同意」を取り付けると共に、業務で用いるデータ類は「コンテンツ管理機能」を利用することによって、不必要になったらそのデータ類だけ削除が可能となり、個人のデータ領域を保護します。

データアクセスの禁止

スマートフォンは今や大容量のマスストレージにもなるので、企業の様々なデータが保存可能となっています。MobiControlは外部からのデータアクセスによるマスストレージモードの禁止やSDカードの利用禁止など、情報漏えい対策機能も備わっています。

暗号化

第三者による情報盗み出しを防ぐため、MobiControlは本体、およびSDカードの暗号化を行えます。これにより、本体は複雑性を持たせたパスワードを入力しないとログイン出来ませんし、SDカードも暗号化を実施した本体のみで認識されます。

端末管理

グループ管理

管理する端末数が増えてくると如何に効率よく管理できるか、が鍵となります。MobiControlは企業の組織体系をそのまま管理体系とすることが可能なので、見やすい画面構成にくわえ、実際の業務単位での端末管理の効率が向上します。

アプリケーション管理

管理下にある、ぞれぞれの端末ごとにどんなアプリがインストールされているかをバージョンを含め一覧表示することが可能です。また、レポート機能を利用すれば管理グループ配下にある全端末にインストールされているアプリの一覧表示も可能です。

位置情報管理

端末のGPS機能を利用して、現在位置の情報取得や表示が可能です。例えば、現場に急行させたい従業員の現在位置を知る場合に有効な機能になります。また、この機能を応用して、過去の移動履歴の表示も可能となっています。

アプリ一括配信(サイレントインストール)

Android端末でアプリのインストールを行おうとすると、端末ユーザーの操作が必要となります。MobiControlは自動でアプリをインストールさせる(サイレントインストール)機能を持っています。この機能により、アプリインストール時の端末ユーザー操作を開放することが可能になりました。

社内資料、動画などのコンテンツ管理

業務に利用される様々なデータを「コンテンツ」として一括管理が可能です。コンテンツ管理では必要なデータのみを端末利用者に提供することが可能になり、必要なくなれば何時でも削除ができるので、BYOD対策的な利用も考えられます。

端末情報監視

端末からは様々な情報を取得することが可能で、その情報を管理画面に一覧表示させることにより、どの様な端末でどういう状況なのかがすぐにわかります。例えば、アプリをインストールしたい場合のストレージ容量やバッテリー残量、通信電波強度などが確認出来るので管理の効率が向上します。

証明書管理

社内へのアクセスに必要な端末証明書(デジタル証明書、クライアント証明書)やセキュリティ証明書を端末に向け配信することが可能なので、社内環境へのアクセスや端末のウェブ利用などセキュリティ強度を高めた運用が可能となります。

個別プロファイル配信

iPhone構成ユーティリティとの連携が強化されました。iPhone構成ユーティリティで作成したプロファイルをそのままMobiControlから各iOS端末に適用させることが可能です。これにより、iOS端末の管理をより効率的に行うことが可能になります。

端末機能制限

電話発着信制限

電話機能が備わっているスマートフォンの発着信を監視し、制限を掛けることが可能です。発信/着信、または両方でホワイトリストとブラックリストのリスト運用が可能です。

アプリケーション起動制限

iOS端末はデフォルトでインストールされているブラウザ/App Store/YouTube/iTunesの制限が可能です。その他のアプリはレーティングによる制限が可能です。Android端末ではデフォルトでインストールされているブラウザ/Google Play/YouTubeを制限できるだけでなく、その他のアプリもブラックリストで制限が可能です。管理者が許可したアプリだけ利用させたい場合は、MobiControl専用の起動画面のランチャー機能を使えば可能となります。

カメラ

機密性の高い現場などで全ての端末持込を禁止している場合でも、個別機能の制限ができるMobiControlなら必要な機能だけを制限できるので端末の業務利用機会が拡がります。また、撮影した画像に含まれる情報(日付等)を意図的に改ざんされない様に端末「設定」へのアクセスが禁止できるので撮影画像の保全も可能です。

監視モード

iOS端末を業務利用するときに、端末を「監視モード」にすることによって、様々な制限や制御が可能になります。例えば、アプリのサイレントインストール/アンインストールや削除制限、1つのアプリしか使わせない機能、Webフィルタリング、「Open-In」機能の制御などが「監視モード」端末のみに適用されます。

アプリのインストール制限

iOS端末ではApp Storeを制限することで、アプリのインストールを抑制できます。App Storeを利用禁止にしていても、iTunesやApple Configuratorからのアプリインストールを可能にしたり、管理者がインストールさせたいアプリのみを禁止中にインストール実行(サイレントインストール)することも可能です。

その他

メッセージ、災害対策

端末ごとやグループ配下にある全端末に一斉にメッセージを送信出来ます。メッセージを受け取った端末ユーザーが会社に連絡するなどの方法によって災害時の安否確認などにも活用が期待されます。

レポート機能

MobiControlは端末に対する様々な情報を取得しています。Crystal Repotsを標準同梱しているMobiControlはこれらの情報から、管理している端末の統計情報をレポートとして表示/出力することが可能です。表示/出力可能なファイル形式はCrystal Repotsだけでなく、.pdf/.xls/.doc/.csvなど様々に対応しています。