Android_業務端末③ ホテルでの利用

2017年8月17日の投稿「広がり続けるVRの可能性」の変なホテルにちなんで、ホテルのお話をしたいと思います。

世の中ではホテル向けのサービスとして、ホテルを利用されるお客様や従業員向けの様々なアプリケーションがあります。

例えば、清掃状況やお客様からの問合せ状況などの確認のためのコミュニケーションツールや、客室内の空調やホテル内サービスの一元管理を行うシステムなど様々な製品が存在しますが、様々なホテルのシステムで、今では当たり前のようにモバイルデバイスが活用されております。

今までの客室内や館内のご利用案内などは、部屋の引き出しを開けるとずっしりとした冊子が入っていたのが当たり前でしたが、最近ではタブレットで電子データ化されているケースも珍しくありません。

タブレットを利用することで、リアルタイムにコンテンツの更新ができ、シーズンに応じて次々と新しいサービスをスタートできることで、リピートにもつながりますよね。

私もホテルに入った時にタブレットがあると、どんな情報があるのかな?と気になってみてしまいます。冊子だとあまり見ないものもタブレットだと気になってみてしまうのも不思議ですが、新しい発見があるかもしれないと期待してしまうのかもしれませんね。

ただ、ホテルに限らず気になることや、タブレットを見たときの好奇心は、皆様も共通ではないでしょうか。

タブレットを見ると、色々触ってみたくなりますし、詳しい方ならいろんな操作をしてしまうかと思います。

そうなった時に困るのは、タブレットを貸し出しているホテルです。もし、必要なアプリを消されてしまったら、不要なアプリをインストールされてウィルスに感染してしまったら。。。課題は色々あるかと思います。また、持ち出しによる盗難などのリスクもあるかと思います。

そんなリスクを回避するために必須となるのが、EMMツールです。ただ「端末をロックできる」「初期化できる」だけでは、リスク回避は不十分です。運用を考え慎重にEMMの選定をすることが大切です。

MobiContolは香港・上海に拠点を置くペニンシュラホテル様にご利用頂いております。

客室に設置されたAndroidタブレットは、すべてMobiControlで管理されています。特に中核となるのはランチャー機能です。客室専用メニューのみを表示させるように設定し、それ以外の操作を禁止することでお客様の混乱を避けることが可能です。

また、その客室専用メニューアプリは、端末内にインストールする必要があり、何千台の端末に配布・更新をするのは非常に大変ですが、MobiControlのサイレントインストールがあればユーザの操作を必要とせず、児童でインストールや更新を行うことが可能です。わざわざ全客室を回る必要もなくなります。

また、部屋から持ち出されたタブレットは、自動で管理者にアラートメールを送信し、持ち出し予防を行うことで端末紛失対策を行っております。

その他にも様々な機能を搭載しているMobiControlを利用することで、細かな運用のお助けをさせて頂きます。

ご不明点があれば是非お問合せ下さい。

Posted in MDM

コメントを残す