iPOS
導入事例
売上管理の効率化、顧客管理の充実、
在庫の精度アップに導入効果抜群

店舗はPOSでの売上登録やハンディによる入出荷登録と同時に在庫が更新されるため入力業務の省力化、売上データ等の精度がアップした。

POSで顧客検索、売上登録、レシート発行、クレジット決済等の支払業務が一貫してできるため、顧客の待ち時間が大幅に短縮した。

POSで顧客と売上商品の紐付けが可能になったため、顧客分析の結果などからの販促活動が可能となり、リピート客の増加に結び付きつつある。

閉店後の現金精算処理や営業日報の作成が容易となり、事務作業が大幅に軽減された。

導入の背景

㈱THINKフィットネスは1986年に創業し、フィットネスクラブ展開とフィットネス用品の販売を手掛ける成長著しい企業です。
1995年に米GOLD'S GYM FRANCHISING(GGF)社とフランチャイズ契約を締結して以降、現在は全国に35のジム(フィットネス商品販売も行う)とフィットネス用品販売8店舗を展開しています。事業拡大の中で、特に店舗管理分野をはじめとした作業の効率化、顧客情報の管理、管理事務作業の省力化、売上向上が喫緊の改善を要する経営課題でした。

導入前の処理概要
フィットネス商品販売店舗の商品売上は商奉行の売上伝票に入力し、印刷した売上伝票をレシート代わりに顧客に渡し、レジで会計する2重処理を行っていたため、顧客を待たせ、事務工数もかかっていました。 顧客情報は各店舗が独自にEXCELで管理し、奉行の得意先マスターとの連携ができていませんでした。

【導入前のシステム概念図】

導入の決め手
店舗では奉行と直接連携ができる低価格、省スペースのPOSシステム「iPOS」で売上処理と同時に出庫処理ができ、しかも顧客管理も可能です。導入後のシステム保守にはMDM機能(MobiControl)が提供されているので全国の拠点端末に対してリモートによるメンテナンスが可能です。以上、「iPOS」は求める要求仕様をほぼ、満たしていることが導入の決め手となりました。

【導入後のシステム概念図】

商品販売店舗業務
システム保守業務

【MobiControlリモートメンテナンス画面】